投稿者 : mokmr 投稿日時: 2012-12-21 11:55:37 (1155 ヒット)

奥村@東北大学です.

東北大学東北アジア研究センターでは,以下のようなシンポジウムを開催します.奮ってご参加ください.

東北大学東北アジア研究センターシンポジウム
「民俗芸能と祭礼からみた地域復興
―東日本大震災にともなう被災した無形の民俗文化調査から」

日時:2013年2月23日(土) 13:00?18:00 入場無料 参加自由
場所:東北大学片平さくらホール2階 仙台市青葉区片平2-1-1
共催:東北学院大学、東北大学大学院文学研究科
後援:読売新聞社、河北新報社


1部/「無形」文化財の被災とその復興:調査事業報告
1.趣旨説明と調査事業報告 高倉浩樹(東北大学)
2.報告
 人類学の立場から 岡田浩樹(神戸大学)
 宗教学の立場から 木村敏明(東北大学)
 民俗学の立場から 菊池 暁(京都大学)
 学生の立場から  沼田 愛(東北学院大学)
 行政の立場から  小谷竜介(宮城県)

2部/無形民俗文化財と地域社会復興をめぐるパネル討論
 司会 政岡信洋(東北学院大学)
 コメント 菊池健策(文化庁)、齋藤三郎(宮城県山元町教育委員会)、沼倉雅毅(牡鹿・白山神社笛担当)

ポスターPDF


投稿者 : mokmr 投稿日時: 2012-10-26 08:41:53 (606 ヒット)

奥村@東北大学(管理者)です。

このコーナーへの投稿は,一般のゲストにも公開してきましたが,ここ数日海外からと思われる無関係な書き込みが1日に何回も行われています。
残念なことですが,投稿権限を,支部会員などの登録ユーザーのみに限定します。


投稿者 : mokmr 投稿日時: 2011-12-02 14:54:58 (906 ヒット)

東北大学の姥浦です。

さて、このたび国では津波防災まちづくり法を制定しますが、その中でさまざまな新しい制度も創設・拡充されております。そこで、その制度の内容と 運用・適用の可能性に関して、国土交通省都市局総務課長を講師にお迎えして、下記の要領で勉強会を開催いたしたいと考えております。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。

主催:日本都市計画学会東北支部
共催:日本都市計画家協会、東北大学経済学研究科 震災復興研究センター
日時:12月10日午後2時?5時ころ
場所:東北大学片平キャンパス片平イクステンション棟の6階セミナー室
http://www.econ.tohoku.ac.jp/rirc/info/access.html

講師:国土交通省都市局総務課長 佐々木晶二様
対象:都市計画に関する基礎的な知識をお持ちで被災地の復興に直接的間接的に関わっていらっしゃる方(将来も含む)
内容:法制度に関する説明+被災地への制度適用に関するディスカッション
参加費:資料代を申し受ける場合がございます。
申し込み:概ねの参加者数を把握したいので、ubaura@archi.tohoku.ac.jpまでメールをお送りください。

本メールにつきましては、お知り合いの方にご転送いただければ幸いです。


« 1 (2) 3 4 5 6 »