2020年2月29日幹事会議事録

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-3-2 12:25
mokmr  幹事 居住地: 宮城県  投稿数: 35
2020年2月29日に,2019年度第2回幹事会を開催しました。
議事録は以下の通りです。

2019年度第2回東北支部幹事会 議事録

日時:令和2年2月29日(土)12:00〜12:50
場所:東北大学災害科学研究所(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)演習室A
出席者:奥村,山口,古藤,河村,三宅,姥浦,赤川,川崎
欠席者:柳田,樋口

■協議・報告事項

本部理事会(3/9)への支部活動年度報告(2019年度)事項
支部総会を東北大学において4月20日に開催し、引き続きフォーラム「平成の最後にこれからの都市計画を考える」を開催した。
また、7月から10月に他学会の企画への共催・後援を4件実施した, 7月6日には,日本建築学会住まいまちづくり支援建築会議シンポジウムおよび気仙沼市内湾地区事業の現地説明会を宮城県気仙沼市で開催し36名の参加を得た。また同日,仙台市で開催の日本建築家協会東北支部宮城部会行事「みやぎボイス2019:復興の終わりの初め方?」の後援を行い,シンポジウム182名,パネル展示見学者100名の参加を得た。7月10日には仙台市で開催の日本技術士会東北本部建設部会講演会「コンパクトシティをめぐる近年の制度改革と新たな都市計画の方向性」を共催し,東京大学横張真前会長の講演に対し70名の参加を得た。10月26日には盛岡市で開催の日本造園学会東北支部総会の一般公開シンポジウム「地域循環共生圏の構築に向けて」を後援し,40名の参加を得た。
本年度東北支部シンポジウムを11月16日に福島大学にて開催し,東日本大震災・原発事故からの福島の復興の現状と課題について議論を行った。参加者は42名である。
また,支部研究発表会(南北合同開催)を令和2年2月29日に東北大学で開催し,28件の研究発表に対して約45名の参加を得た。ただし,新型コロナウイルス感染拡大防止が要請される中で,恒例の懇親会は中止した。

本部理事会(3/9)への支部活動年度計画(2020年度)事項
支部総会を5月9日に開催し、終了後に立地適正化計画における災害リスクの取り扱いに関する勉強会を開催する予定である。例年通り,講演会を7月,見学会・セミナーを10月に実施するとともに,北海道支部行事との連携も進めたい。
また,東日本大震災から10年を迎える年であることから,日本建築学会,土木学会などの関連団体の復興関連行事との連携を考えている。
さらに支部研究発表会は翌年2月27日,28日に南北に分けて開催することを計画している。

新年度の事業方針および担当者について
1. 支部総会・勉強会(4−5月)
第1案5月9日,第2案4月25日
場所:東北大学災害科学国際研究所(会議・セミナー室)
終了後,立地適正化計画における災害リスクの扱いに関する勉強会を実施
担当者 奥村,柳田

2. 復興講演会(7月)
第一案7月11日(土),第2案7月19日(日)?
担当者 姥浦, テーマ,場所(仙台)も一任。

3. 見学会・セミナー(10月)
青森県弘前市,新美術館他, 
土井先生,北原先生で企画,日程一任

4. 支部研究発表会
2021年2月27日(北),28日(南)
引き続き,総務企画委員会で,場所,担当者等を決めていく。

5. その他の関連団体行事の情報について
北海道支部行事との連携?
日本建築学会,土木学会などの関連団体の復興関連行事との連携?
  →土木学会会長特別復興リレーシンポジウム(7/4仙台):奥村
  →日本建築学会住まいまちづくり支援建築会議;姥浦 など
  →その他,関連情報があれば,適宜奥村までご連絡ください
  (費用の一部を本支部が負担できる可能性があります。気軽にご相談ください)

支部だよりの担当について
2019年度 338(5月)北原(北海道連携)339村上(総会フォーラム)340三宅(気仙沼)
341赤川(横張講演会)342河村(三陸トレイル)343古藤(福島シンポ)
2020年度 344 発表会報告(奥村)345 総会シンポ報告(山口) 346 ?
     347 7月行事報告(姥浦)348 10月行事報告(土井) 350 ?
 →引き続き,執筆者・テーマを募る(樋口幹事まで)

2022年度全国大会の支部担当の可能性について
2018大阪 2019横浜 2020名古屋 2021関東? 2022地方圏? 2023関東? 2024地方圏?


総務企画委員のメンバーについて
(現時点では,岩手県の委員が不在であるが,補充は特に必要ないことを確認した)


その他
特になし

(以上)

--
東北大学 奥村 誠(災害科学国際研究所・工学研究科土木工学専攻)
mokmr@strep.main.jp

添付ファイル(0) 投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ