東北関東大震災関連情報の投稿コーナー開設

東北関東大震災関係の情報を投稿できるコーナーを開設しました(2011.3.16).

左のメニューから投稿・閲覧できます.このコーナーには会員に限らずどなたでも投稿いただけますが,迷惑投稿を防ぐため,投稿者の実名を添えてご投稿ください.無記名のメッセージは定期的に無断で消去することがあります.

なお,投稿時にご面倒ですが,「HTMLを有効にする」がONになっていることを確認していただけますと幸いです.

投稿者: sakikom 投稿日時: 2018-5-2 14:29:14 (301 ヒット)
XOOPS

日本都市計画学会東北支部では、平成30年度の総会を以下の日程で開催させていただくこととなりました。

日時: 平成30年5月26日(土)
会場: 東北大学青葉山キャンパス
    人間・環境系教育研究棟 101講義室
    (地下鉄東西線 青葉山駅下車徒歩5分)

13時-14時 総会
 議事(予定)
 今年度予算・活動方針、設立5周年記念行事ほか

また総会終了後、市街地内部の再編集として空き家活用に関するシンポジウム「空家特措法だけで『空間』は『場所』に変わるか」を開催させていただきます。

14時-17時30分 シンポジウム「空家特措法だけで『空間』は『場所』に変わるか」
(会場は同上)
 ○講演
  早坂 進氏(NPO法人つるおかランドバンク理事/鶴岡市)
   「日本版ランド・バンク(小規模連鎖型区画再編事業)によるまちのリノベーション」
  小友康広氏(花巻家守舎および上町家守舎代表取締役)
   「家守事業が仕掛ける街の再編集」
  加納亮介氏(町家体験ゲストハウス管理人/東京工業大学大学院DC)
   「ゲストハウスからはじまるまちの継ぎ方」
 ○パネルディスカッション
   バネリスト    早坂 進氏、小友康広氏、加納亮介氏
   コメンテーター  小林 孝氏(国土交通省東北地方整備局建政部)
   コーディネーター 北原啓司(弘前大学教授、日本都市計画学会副会長・東北支部長)

 ※資料代として1,000円頂戴します

シンポジウム終了後、懇親会を開催させていただきます。

18時-20時 懇親会
 会場 : 青葉記念会館3階 四季彩
 会費 : 4,000円(予定)

つきましては、総会・シンポジウム・懇親会へのご出欠について、
下記までご連絡いただきますようお願いいたします。

 お申し込み締切 : 5 月 18 日(金)
連絡先 : 事務局・村上(弘前大学)
       cpij.tohoku[at]gmail.com
         [at]を@に置き換えください。 

投稿者: mokmr 投稿日時: 2018-3-2 14:59:53 (223 ヒット)

奥村@東北大学です。

3月3日(土)午後13:00-から、本年度の東北支部研究発表会を東北大学災害科学国際研究所棟にて開催します。

プログラムはpdfファイル(101KB)をご参照ください。

会場へは公共交通機関(地下鉄東西線)でお越しください。南1番出口からキャンパスプロムナードを西に向かって徒歩3分です。

なお、当日災害研の建物の南側玄関は、他の行事もあるため開錠される予定です。また、廊下等の共用部分の清掃・ワックスがけ作業がは2階部分は午前中で終了しますので、通行に大きなご不便はないかと思います。

投稿者: mokmr 投稿日時: 2017-12-14 11:03:53 (329 ヒット)

このたび、日本都市計画学会東北支部では、
会員の皆さまの日頃の研究活動や、
取組事例を報告していただき、研究交流を図る場として、
2017年度東北支部研究発表会を、
下記の日程で開催いたします。

発表を希望される方は、期日にご注意の上、お申し込み・ご提出ください。

■日時 ・ 場所
 2018年3月3日(土) 13:00?17:30
 東北大学災害科学国際研究所

■発表応募資格
 原則として、発表者、連名者のいずれかが会員であること。

■発表申込
論文タイトル、発表者名、連名者名、全員の所属、全員の会員種別を、
2018年1月22日(月)までに、
下記お問い合わせ先までメールにてお知らせ下さい。

■発表要旨原稿の投稿
発表要旨原稿の作成要領に基づき、
発表要旨(A4版用紙2枚または4枚)を作成し、
2018年2月19日(月)正午までに、
そのPDFファイルを電子メールで、
下記お問い合わせ先までご送付下さい。

※発表要旨の様式レイアウトにつきましては、
 
MSWordファイル

をご参照下さい。

■お問い合わせ先
 日本都市計画学会東北支部総務企画委員会
 担当:事業創造大学院大学 鈴木孝男       
 E-mail:suzuki.takao[at]jigyo.ac.jp
     [at]を@に置き換えください。

投稿者: sakikom 投稿日時: 2017-8-30 9:45:04 (919 ヒット)

 日本都市計画学会東北支部では、シンポジウム「地方都市の都市計画はどこへ向かう?」を開催させていただくこととなりました。
 本格的な人口減少・高齢社会を迎え、安全・安心だけでなく生活の利便性や暮らしやすさなど、総合的かつ長期的視野に立った成熟社会における都市計画の再検討がいっそう求められています。立地適正化計画制度は、コンパクトなまちづくりを後押しする制度として設立され、多くの都市が取り組みはじめています。東北地方においても、花巻市や弘前市、鶴岡市、長岡市で都市機能誘導区域、居住誘導区域が設定されるなど、全国的にも先駆的な取り組みが進められています。
 シンポジウムでは、花巻市、長岡市、鶴岡市を事例に、これからの地方都市の都市計画の行方を議論することと致します。

 日時 : 2017年10月28日(土)13:00-17:00
 場所 : 花巻市生涯学園都市会館(まなび学園)
     3F 第2・第3中ホール
     (花巻市花城町1番47号)
 主催 : 日本都市計画学会東北支部、花巻市
 後援(予定) : 国土交通省東北地方整備局、岩手県
 資料代として1,000円頂戴します

1.挨拶
    上田東一(花巻市長)
    鈴木武彦(国土交通省東北地方整備局都市調整官)
2.花巻市の立地適正化計画
    井元尚充(経済産業省東北経済産業局産業振興課総括係長)
3.現地視察(調整中)
4.パネルディスカッション
   パネリスト
    佐々木賢二(花巻市都市政策課長)
    早坂進(鶴岡市都市計画課長)
    高橋英俊(長岡市都市計画課課長補佐)
    中出文平(長岡技術科学大学教授)
    姥浦道生(東北大学准教授)
   コメンテーター
    井元尚充(前掲)
   コーディネーター
    北原啓司(弘前大学教授、日本都市計画学会東北支部長)
 17:30- 意見交換会(会費未定)

シンポジウム・懇親会への参加ご希望のかたは、下記URLより、事前にお申し込みください。
お申し込み :
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeuUg6yr8ElzS7k43NC_AkJtU0V90j2Wv2zlpQeAUglo_8HBw/viewform
お申し込み締切 : 10月16日(月)

投稿者: sakikom 投稿日時: 2017-6-28 20:42:32 (395 ヒット)

 日本都市計画学会東北支部では、東北地方などの地方部で特に問題となっている「地域交通の維持問題」をテーマとするシンポジウムを開催します。
 地方部では医療・福祉・買物などのサービス施設の集約が進み、日常生活の移動の重要性が増す一方で、高齢化が進み自ら自動車を運転することが困難な人々が増加しています。居住域の拡大と居住密度の減少によりこれまでのバスサービスの維持が困難となり、公私の役割分担の見直しや地域構造の変革も含めた検討が必要な複雑な問題となっています。
 特に東日本大震災被災地においては、居住地や病院などの施設の高台移転が進み、公共交通サービスの確保がより重要な課題となっており、多方面からの議論が必要です。
 内容としては、東北管内市町村の実態調査報告、東北地方交通仕事人としてご活躍の専門家からの提案などを受け、後半のパネルディスカッションでは立地適正化計画と地方交通網整備計画を軸とする政策の在り方について議論を行う予定です。

日時 : 平成29年7月22日(土)14-17時
場所 : 東北大学災害科学国際研究所多目的ホール
資料代 : 1,000円

【第一部 地域公共交通問題の実情と事例報告】
 藤澤 義人  東北運輸局 交通政策部部長
  「地域交通問題と関連制度の概観」
  「東北管内市町村アンケートの報告」
 徳永 幸之  宮城大学 教授
  「東北における地域交通問題の実情と問題点」

【第二部 地域公共交通への新しい取り組みと今後の方向性】
 上原 穂高  日本能率協会総合研究所 主任研究員
  「全国の取り組み事例」
 村上 早紀子 弘前大学大学院 客員研究員
  「中山間地域における交通まち育ての可能性」
 吉澤 武彦  日本カーシェアリング協会 代表理事
  「石巻コミュニティー・カーシェアリングを軸とした取り組み」

【第三部 今後の政策と取り組みの方向性 : パネルディスカッション】
 パネリスト
   徳永 幸之,上原 穂高,村上 早紀子,吉澤 武彦
   北原 啓司(弘前大学 教授/日本都市計画学会東北支部 支部長)
 モデレーター
   奥村 誠 (東北大学 教授)

【お申し込み・お問い合わせ】
 お名前、ご所属を明記の上、7月18日(火)までに、
 下記までメールでお願い申し上げます。
    日本都市計画学会東北支部事務局
      cpij.tohoku[at]gmail.com
       ※[at]を@に書き換え下さい
 【フライヤー案5】2017年7月22日シンポジウム.pdf

(1) 2 3 4 ... 17 »