東北関東大震災関連情報の投稿コーナー開設

東北関東大震災関係の情報を投稿できるコーナーを開設しました(2011.3.16).

左のメニューから投稿・閲覧できます.このコーナーには会員に限らずどなたでも投稿いただけますが,迷惑投稿を防ぐため,投稿者の実名を添えてご投稿ください.無記名のメッセージは定期的に無断で消去することがあります.

なお,投稿時にご面倒ですが,「HTMLを有効にする」がONになっていることを確認していただけますと幸いです.

学会/支部の行事 : 日本都市計画学会東北支部 シンポジウム「東北地方の地域交通の現状とこれから」のご案内
投稿者: sakikom 投稿日時: 2017-6-28 20:42:32 (93 ヒット)

 日本都市計画学会東北支部では、東北地方などの地方部で特に問題となっている「地域交通の維持問題」をテーマとするシンポジウムを開催します。
 地方部では医療・福祉・買物などのサービス施設の集約が進み、日常生活の移動の重要性が増す一方で、高齢化が進み自ら自動車を運転することが困難な人々が増加しています。居住域の拡大と居住密度の減少によりこれまでのバスサービスの維持が困難となり、公私の役割分担の見直しや地域構造の変革も含めた検討が必要な複雑な問題となっています。
 特に東日本大震災被災地においては、居住地や病院などの施設の高台移転が進み、公共交通サービスの確保がより重要な課題となっており、多方面からの議論が必要です。
 内容としては、東北管内市町村の実態調査報告、東北地方交通仕事人としてご活躍の専門家からの提案などを受け、後半のパネルディスカッションでは立地適正化計画と地方交通網整備計画を軸とする政策の在り方について議論を行う予定です。

日時 : 平成29年7月22日(土)14-17時
場所 : 東北大学災害科学国際研究所多目的ホール
資料代 : 1,000円

【第一部 地域公共交通問題の実情と事例報告】
 藤澤 義人  東北運輸局 交通政策部部長
  「地域交通問題と関連制度の概観」
  「東北管内市町村アンケートの報告」
 徳永 幸之  宮城大学 教授
  「東北における地域交通問題の実情と問題点」

【第二部 地域公共交通への新しい取り組みと今後の方向性】
 上原 穂高  日本能率協会総合研究所 主任研究員
  「全国の取り組み事例」
 村上 早紀子 弘前大学大学院 客員研究員
  「中山間地域における交通まち育ての可能性」
 吉澤 武彦  日本カーシェアリング協会 代表理事
  「石巻コミュニティー・カーシェアリングを軸とした取り組み」

【第三部 今後の政策と取り組みの方向性 : パネルディスカッション】
 パネリスト
   徳永 幸之,上原 穂高,村上 早紀子,吉澤 武彦
   北原 啓司(弘前大学 教授/日本都市計画学会東北支部 支部長)
 モデレーター
   奥村 誠 (東北大学 教授)

【お申し込み・お問い合わせ】
 お名前、ご所属を明記の上、7月18日(火)までに、
 下記までメールでお願い申し上げます。
    日本都市計画学会東北支部事務局
      cpij.tohoku[at]gmail.com
       ※[at]を@に書き換え下さい
 【フライヤー案5】2017年7月22日シンポジウム.pdf

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。